代打でサヨナラ犠飛のホフパワー「何回でもかけてほしい」

[ 2012年6月16日 23:03 ]

サヨナラの犠飛を放ち手荒く祝福される日本ハム・ホフパワー

交流戦 日本ハム3―2ヤクルト

(6月16日 札幌D)
 日本ハムのホフパワーがサヨナラ犠飛で勝利に貢献した。九回1死満塁から代打出場し、バーネットの3球目を大きく中堅方向へと飛ばした。一塁ベース付近で仲間に水をかけられて祝福され「ことし、あと何回でもかけてほしい」と興奮は最高潮に達していた。

 今季は2月に左膝の手術を受けて出遅れた。スレッジが左膝痛で離脱したため、ホフパワーへの期待は高まるが「誰かの代わりはできない。自分のできることをやるだけ」と頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月16日のニュース