6勝目の内海 ヒヤヒヤの展開も「中継ぎ陣を信じた」

[ 2012年6月14日 06:00 ]

<日・巨>試合後、山口からウイニングボールを手渡される巨人・内海(中央)。右は原監督

交流戦 巨人8-6日本ハム

(6月13日 札幌D)
 ベンチの巨人・内海は、必死に感情を押し殺していた。楽勝ムードが一転、8回に2点差まで追い上げられる展開。勝利が決まった瞬間、ようやく笑顔がはじけた。

 「中継ぎ陣を信じて、心配はしていなかったです。きょうは大事な試合。野手のおかげでいい投球ができました」

 立ち上がりから安定感抜群。3回まで打者9人をパーフェクトに抑え、6回まで3安打、三塁も踏ませずに無失点で乗り切った。7回1失点で今季6勝目。和田(オリオールズ)がソフトバンク時代につくった、交流戦9連勝の最多記録に並んだ。「僕の記録より、チームが勝つことを考えて投げている。でも記録もうれしい」。日本ハム・斎藤は、3月10日の東日本大震災復興支援ベースボールマッチ(東京ドーム)の日本代表でチームメート。「好青年ですよね」と話す相手にしっかり投げ勝った。

 交流戦は杉内と並び4勝負けなし。さあマジックは2。「セ・リーグはどこも優勝していないので、巨人が最初にできるようにと考えてきた。この勢いであした勝ちたい」と、Vへのバトンを託した。

 ▼巨人・村田(5回の右前打で10試合連続安打)チームのために1試合でも長く続けられるようにしたい。(マジック2点灯に)早く決められるよう頑張ります。

 ▼巨人・阿部(8回2死三塁から2試合連発となる右越え9号2ラン)想像以上に飛距離が出たし、自分でも驚いている。

 ▼巨人・谷(6回2死一、三塁で斎藤をKOする左前打)いいカウントだったので、積極的に打ちに行こうと思っていた。直球をコンパクトに打ち返せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース