阪神が逆転勝ち!福原11年ぶりのセーブ

[ 2012年6月14日 22:02 ]

交流戦 阪神4-3西武

(6月14日 西武D)
 阪神が逆転勝ち。中盤に新井良、平野の適時打で1点差に。7回に新井良の適時打で追い付き、9回1死一、三塁から大和の投ゴロの間に勝ち越した。大和は「とにかくバットに当てようと、それだけ考えた」と語り、新井良も「スライダーにうまく対応できた。1打席、1球に懸けている」と言う納得の打撃で、派手にガッツポーズを繰り出した。

 9回を締めた福原が11年ぶりのセーブを挙げた。

 西武は西口が好投したが、救援陣が崩れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース