宮本10年ぶり5安打 被災地から招待中学生に届けた

[ 2012年6月14日 06:00 ]

<楽・ヤ>8回無死、ヤクルト・宮本(右)は中前打。打たれた楽天・田中は打球を止めようと足を伸ばす

交流戦 ヤクルト6-5楽天

(6月13日 Kスタ宮城)
 プロ18年目のヤクルト・宮本が5安打の大暴れだ。

 田中から4安打を放ち、9回はラズナーから内野安打。02年8月14日の巨人戦(東京ドーム)以来10年ぶり3度目の5安打に「子供たちにいいところを見せられて良かった」。この日は、被災地の宮城・気仙沼リトルシニアの中学生21人を招待。試合後に「縁」と書かれたポーチや財布をプレゼントされ喜んでいた。

 ≪41歳以上では初≫41歳7カ月の宮本(ヤ)が5打数5安打。自身1試合5安打は00年8月24日阪神戦、02年8月14日巨人戦に次いで10年ぶり3度目。08年8月3日横浜戦で金本(神)が40歳4カ月で5安打をマークしているが、41歳以上では宮本が初めて。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース