小窪 土壇場9回2死で同点打「気持ちで打ち返した」

[ 2012年6月14日 06:00 ]

<ロ・広>9回2死一、ニ塁から広島・小窪が同点の中前打

交流戦 広島3-3ロッテ

(6月13日 QVC)
 試合は延長10回の末に引き分けに終わったが、広島の小窪が土壇場で貴重な同点打を放った。

 2―3の9回2死一、二塁から薮田の高めの直球を捉えて中前へ。「必死ですよ。気持ちで打ち返した」。しかし先発の野村が背中の張りを訴え、プロ入り最短の4回で降板したのが気がかり。大野投手コーチは「これまでの蓄積疲労。これから登板間隔が空くから調整してくれれば」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース