創価大の“ノーラン・ライアン” 11K完封

[ 2012年6月14日 06:00 ]

<創価大・道都大>ノーラン・ライアンをほうふつさせるフォームで好投する創価大・小川

全日本大学野球選手権第2日 創価大3―0道都大

(6月13日 神宮)
 創価大はエース右腕・小川が先発全員となる11三振を奪い、3安打完封勝利を挙げた。

 1メートル71と小柄だが、ノーラン・ライアン(現レンジャーズ球団社長)を手本に左足を胸の高さまで上げる豪快なフォームで無四球。チームを8強に導き「(フォームは)去年から取り組んできた。あまり調子は良くなかったですけど、集中力を切らさずに投げられた」と納得の表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース