松井「若干芯をずらされたが、捉え方としては悪くなかった」

[ 2012年6月14日 16:21 ]

メッツ戦の8回、遊ゴロに倒れ、無安打に終わったレイズ・松井

交流戦 レイズ1―9メッツ

(6月13日 セントピーターズバーグ)
 レイズの松井は13日、セントピーターズバーグでのメッツ戦に「5番・指名打者」で出場し、3打数無安打だった。内容は中飛、遊ゴロ、遊ゴロで、打率は1割6分1厘。チームは1―9で敗れた。

 ▼松井の話 (ディッキーのナックルボールに)若干、芯をずらされたが、捉え方としては悪くなかった。どういう結果が出ても、反省して次につなげていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース