青森山田が夏予選出場へ 県高野連が了承

[ 2012年6月14日 22:10 ]

 青森県高校野球連盟は14日、昨年12月に野球部員の暴行死亡事件があった青森山田高校(青森市)の今夏の甲子園大会予選出場を了承したと明らかにした。青森山田高は事件後、公式大会への出場を自粛していた。

 県高野連によると、1年生部員に対する暴行容疑で書類送検された当時2年生=自主退学=への青森地検の処分は決まっていないが、3年生が最後の大会であることなどを考慮し、残された生徒の教育的配慮を優先したと説明。日本高野連にも相談し、了解を得ているという。

 ただ県高野連は暴行した元上級生への地検の処分次第では、日本高野連とあらためて対応を協議するとしている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース