13安打浴びたマー君 反省…逆転負けに「自分のせい」

[ 2012年6月14日 06:00 ]

<楽・ヤ>守護神のラズナーが逆転を許し勝ち投手の権利が消えた楽天・田中

交流戦 楽天5-6ヤクルト

(6月13日 Kスタ宮城)
 楽天は守護神・ラズナーの乱調で9回に逆転負け。田中の白星の権利が消えた。だが、エースは8回3失点ながら自己ワーストタイの13被安打。

 腰痛から復帰3試合目も本調子とは言えない内容で、「最後にあの流れをつくったのは自分のせい。しっかり抑えていれば中継ぎに大きなストレスを与えることもなかった」と責任を背負い込んだ。直球はシュート回転し、変化球も高めに浮いた。宮本には4安打を献上。球数も123球に達し、9回のマウンドに上がれなかった。「テクニックでかわそうとしている感じに見える。(打線が)5点を取ってくれたんだから、すんなりいってほしかった」と星野監督。痛恨の逆転負けを喫し、再び借金1となった。

 ▼楽天・岩村(5回に右越えに適時二塁打。今季初打点)本当に必死に食らい付いていった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース