ノリ 左翼席最上段に決勝弾 荒波14球粘ってつないだ

[ 2012年6月14日 06:00 ]

<オ・D>8回1死、DeNAの中村は勝ち越しとなる左越えソロを放つ

交流戦 DeNA2-1オリックス

(6月13日 京セラD)
 狙い澄ましたフルスイングだった。1―1の8回。DeNA・中村が145キロ直球を捉えると、打球は左翼席最上段に飛び込んだ。

 2ボールから平野がカウントを取りにきた直球を読み切った一発。京セラドームではオリックス時代の06年以来のアーチで決勝点を叩き出した。

 チーム全体で平野を攻略した点も見逃せない。7回に荒波が14球粘り、中村の一発は30球目。中畑監督は「荒波の粘りが、もしかするとノリのホームランにつながっているよね」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース