東海大の猿川 精彩欠き「周りから躍動感がないと…」

[ 2012年6月14日 18:22 ]

全日本大学選手権準々決勝 東海大4-1東日本国際大

(6月14日 東京D)
 1失点完投の東海大、猿川は1回の先頭打者を死球で出すなど、立ち上がりの精彩を欠いた。「死球を二つ出したし、周りから躍動感がないと言われた。50点くらい」と納得がいかない様子だった。

 それでも3回以降は無失点で切り抜けた。試合後には、昨年のプロ野球ドラフト会議で日本ハムから1位指名を受けて、拒否した菅野から「最後の方はよかった」と褒められ、笑みがこぼれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース