龍谷大 全国1勝に指揮官「スキップして帰りたいくらい」

[ 2012年6月14日 06:00 ]

全日本大学野球選手権第2日 龍谷大6―3京都学園大

(6月13日 東京D)
 龍谷大は今年度限りで勇退する椹木寛監督に10年ぶりの全国1勝を贈った。

 2回に1死満塁から2ランスクイズを決めるなど一挙5得点。「今年初めに勇退を知ってから、監督さんに全国1勝を贈ろうとみんなで話してきた」と鈴木紳主将。指揮官は「ホンマにうれしい。スキップして帰りたいくらいやわ。次も試合があるから泣くのは我慢しますわ」と笑顔で引き揚げた。

 ▼京都学園大・坂根耕世監督(相手を1本上回る10安打を放つも敗戦)取るべきところで取れていれば違った展開になった。秋に出直してきます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース