指揮官もびっくり!2三振のバレ 9回に逆転V3ラン

[ 2012年6月14日 06:00 ]

<楽・ヤ>9回無死二、三塁、ヤクルトのバレンティンは左中間に逆転3ランを放つ

交流戦 ヤクルト6-5楽天

(6月13日 Kスタ宮城)
 白球をしばきあげた。9回無死二、三塁。ヤクルトのバレンティンの逆転3ランが左中間席に吸い込まれた。リーグ独走の14号。主砲は「気持ちは最高。手応えはあった。何とか結果を出したかったんだ」と笑顔をはじけさせた。

 ラズナーが投じた、142キロの外角高めの直球。「高めを待っていた。外野フライにもなる」。まさに汚名返上の一発だった。3点を追う7回2死満塁では、先発・田中のシュートに空振り三振。「投手も違う。切り替えた」。凡打、三振を引きずり無安打に終わるのは、この助っ人によくある光景。しかし土壇場で底力を発揮してみせた。

 8日のロッテ戦(神宮)の試合前。不振のため5月末から来日初の2軍落ちを経験した際に学んだ、後方から投げてもらって打つトス打撃を実践した。投げ方が分からず苦労する佐藤打撃投手に、何度も球の上げ方を自ら指導。「違う。こう上げてくれ。もっと山なりに。そう」。左肩と左足の開きを解消する練習法。「あいつは何を言っても聞き入れん」と嘆いていた伊勢総合コーチも、その姿に「2軍で変わったんかいな」とうなずいた。気持ちの切り替え、熱心な練習。2軍落ちを経験しバレンティンは成長した。

 チームは今季最多の18安打で5割復帰。小川監督も「(途中まで)あれだけ安打が出て点が取れなくて、バレのホームラン。野球は分からない」と、その一発の威力に驚いた。主砲の力は、やはりヤクルトには欠かせない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース