斎藤 完敗認めた「きょうに関してはあれが精いっぱい」

[ 2012年6月14日 06:00 ]

<日・巨>6回途中で降板する日本ハム・斎藤は顔をゆがめる

交流戦 日本ハム6-8巨人

(6月13日 札幌D)
 巨人戦初登板の日本ハム・斎藤は、6回途中まで毎回の11安打を浴びるなど4失点で5敗目を喫した。

 4回までは走者を出しても粘りの投球で無失点に抑えていたが、5回1死一塁から長野に「失投でも何でもない」というツーシームを左翼席中段まで運ばれるなど一挙3失点。好調打線の勢いを止められず「きょうに関してはあれが精いっぱい。もっとレベルアップしていかないと、この打線を抑えられないと思った」と実力不足を受け止めた。栗山監督も「これがプラスになってほしいと願うだけ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース