「勝つことが一番」マエケン“チーム一丸”強調

[ 2012年6月14日 21:38 ]

ロッテ戦に先発した広島・前田健

交流戦 広島6-1ロッテ

(6月14日 QVC)
 広島の先発・前田健は8回1失点でチームトップの6勝目。9回に救援が2失点したものの「最後は少し点を取られましたが勝つことが一番なので、勝てて良かったです」とホッとした表情を見せた。

 自身が先発した5月20日の日本ハム戦では、4点リードで迎えた9回2死から救援が炎上して大逆転負けを喫し「今までにない悔しさがある」と怒りをあらわにしたが、この日は「けが人が多く出てしまったり、苦しい状態ですけど、チーム一丸となって戦っているのでこういう勝ち方ができて良かったです」と一致団結を強調した。

 交流戦は残すところ西武戦の2試合のみ。「残り少ないですけど、全部勝って終わりたいと思います」と力強く宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月14日のニュース