岩村は震災孤児を支援 オフの野球教室など検討

[ 2011年4月11日 06:00 ]

難しいハーフバウンドのノックを受ける岩村

 楽天・岩村が東日本大震災で親を亡くした子供たちを支援する。岩手県盛岡市出身の知り合いの男性や、プロゴルファーの金谷嶺孝が立ち上げたプロジェクト「いわて復興エイド基金」に賛同。オフの野球教室などを検討している。

 8日には名取市などを訪問し、震災の被害を目の当たりにした。不自由な避難所生活を余儀なくされる中、子供たちに笑顔で迎えられ「明るい未来をつくるのは子供。夢を大切にしたい」と語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース