松坂、次回レイズ戦へ36球調整「修正の必要なし」

[ 2011年4月11日 06:00 ]

 レッドソックス・松坂が11日(日本時間12日)のレイズ戦に向け、36球のブルペン投球。今季初登板となった6日のインディアンス戦は5回3失点で敗戦投手となったが、「何かを修正したわけではないし、その必要は感じていない」と話した。

 投球後はカート・ヤング投手コーチと、データ活用法について話し合った。「自分の球を投げることに集中した方がいいと言われた。僕の方も最小限のデータでやっていると伝えた」と説明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース