気持ち高ぶらせる内川「わくわくしている。あとはやるだけ」

[ 2011年4月11日 20:17 ]

 オフの大型補強で優勝の最有力候補とみられるソフトバンクは京セラドーム大阪で約2時間半、リラックスしたムードで汗を流した。新戦力の内川は「わくわくしている。前を向いてやると決めている。あとはやるだけ」と気持ちを高ぶらせた。

 オリックスの開幕投手の木佐貫からは3月下旬の練習試合で本塁打を放っているが、「関係ない。(シーズンが)始まってみないと分からない」と自らに言い聞かせた。

 扇の要として期待される新加入の細川は「いい緊張感。いい雰囲気で迎えられる」と充実した表情を見せた。新天地でも4番を務めるカブレラは昨季までの本拠地で快音を響かせた。

 秋山監督が「厚みが増した。いい形になった」と自信を示す攻撃陣。リーグ連覇の鍵を握る3人は万全の状態で日本一を狙うシーズンに向かう。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース