高橋「自分の投球ができているからああいう結果に」

[ 2011年4月11日 10:46 ]

 エンゼルスの高橋は10日、アナハイムでのブルージェイズ戦に3―1の八回2死から2番手で登板し、1/3回を無安打無失点だった。勝敗、セーブはつかず、チームはそのまま3―1で勝った。

 2点リードの八回2死一、二塁から登板した高橋は、4番打者を2球で投ゴロに仕留めてピンチを切り抜け、チームの連勝に貢献。「自分の投球ができているから、ああいう結果になっている」と胸を張った。

 前日は延長十四回を戦い、この日先発予定のハレンまで投入。先発ローテーションが崩れ、今後高橋が先発に回る可能性も浮上している。だが、昨季はメッツで先発から抑えまでフル回転した左腕は「1/3回だろうが9回だろうが、自分の気持ちは変わらずにやっていければいい」と、気負いなく話した。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース