福留左太もも裏痛め交代「動ける感じではなかったし迷惑かかるから」

[ 2011年4月11日 08:52 ]

ブルワーズ戦の5回、ベタンコートの右前に飛んだ浅いフライを、懸命に前進して地面すれすれで捕球、太もも裏を傷めたカブス・福留

 カブスの福留孝介外野手は10日、ブルワーズ戦の五回の守備で左太もも裏を痛め、六回の打席で代打と交代した。チームトレーナーによると、試合復帰まで1週間から10日程度かかる見通し。

 右翼手の福留は五回1死一、二塁で右前に飛んだ浅いフライを、懸命に前進して地面すれすれで捕球したが、その際に強い負荷がかかって痛めた。

 ▼福留の話 ボールを捕った時に(負荷が)強くかかった感じ。(交代は)動ける感じではなかったし、チームに迷惑がかかるから。今は無理してひどくする時期ではないし、様子を見てからですね。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース