巨人相手にこれが必要 野村監督 福井に期待「勝負強くて負けん気強い」

[ 2011年4月11日 07:38 ]

開幕前の最後の実戦に登板し、好投した福井

ウエスタンリーグ 広島4―3中日

(4月10日 由宇)
 広島のドラフト1位・福井優也投手(23=早大)が10日、ウエスタン・中日戦に先発登板。6回4安打1失点と結果を出し、予定されている17日の巨人戦(マツダ)の公式戦デビューが確実となった。

 野村監督も午後5時開始だった1軍練習の前に由宇球場を訪れ、その投球を直接視察。「勝負強くて負けん気の強さを持っています。近いうちに投げてくれると思います」と高い期待を口にした。

 巨人を相手にするにはさらにレベルの高い内容が必要なことは、自らが最も自覚している。「チームが勝てるようなピッチングをしたいです。まだまだ課題があるので修正します」。早大トリオの日本ハム・斎藤、西武・大石とともにプロの世界に飛び込んだ黄金ルーキーがいよいよ開幕を迎える。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース