東大惜しいドロー…それでも“谷沢効果”舘3打点

[ 2011年4月11日 06:00 ]

<早大・東大>5回表1死満塁(東)舘が左中間に3点適時打を放つ

東京六大学野球第1週第2日 東大3―3早大

(4月10日 神宮)
 東大―早大の2回戦は、東大が1点リードの9回に追いつかれ、延長11回の末、引き分け。立大―慶大1回戦は、立大が平原庸多内野手(2年)の適時打などで慶大を振り切り先勝した。

 東大は震災の影響で「(2試合日は)3時間を超えて新しい回に入らない」という新規定により、延長11回で引き分けた。9回表まで1点リードしながら、昨秋に続く早大戦勝利を逃したことに御手洗健治監督は「非常に残念。こういう試合をモノにしないと」と悔しがった。昨年11月に元中日で早大OBの谷沢健一氏がコーチに就任。打撃面も向上が見られ、2二塁打3打点と気を吐いた9番舘は「みんなの意識も変わってきた」と手応えを語った。

 ▼早大・横山(リーグ戦初登板で5回3失点)マウンドでは集中して投げられました。あの回だけ悔いが残ります。

 ▼早大・有原(1年生ながら初登板で150キロをマーク)抑えようと思って投げた結果でうれしいです。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース