ドキドキ駿太 開幕戦「9番・右翼」で先発出場へ

[ 2011年4月11日 23:05 ]

 高校出の新人では唯一、開幕1軍入りしたオリックスのドラフト1位、駿太が開幕前最後の調整を終えた。駿太は「今まで通りやっていこうと思う。ドキドキ感はあるけど、やることは変わらない」と堂々としていた。

 夜には岡田監督が「9番・右翼手」で先発起用することを明言。高校出ルーキーが開幕戦に先発出場するのは、炭谷(西武、現在の登録名は銀仁朗)の2006年以来。外野手では1959年の張本勲(東映)以来で52年ぶりとなる。岡田監督は起用について「可能性にかけてみようと思う」と説明した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース