松井、満塁機に三振…また3の0で打率・160

[ 2011年4月11日 06:00 ]

<ツインズ・アスレチックス>7回、1死満塁、西岡(中央)の見ている前で空振り三振する松井

ア・リーグ アスレチックス1―0ツインズ

(4月9日 ミネアポリス)
 「満塁男」の勝負強さは発揮できなかった。アスレチックス・松井は1点リードの7回1死満塁。絶好の追加点機に、最後は左腕D・ヒューズの高めの直球に空振り三振。

 この打席まで満塁機ではメジャー通算打率・302を誇っていたが、「カットしようと思ったが…。うまく攻められた。ひっくり返されて負けていたら、あそこで1点取っていれば、という話になるが、どんな状況でも打てなかったら反省」と振り返った。この日も3打数無安打で打率は・160。また、開幕から8試合でノーアーチはメジャーでの自己ワースト記録となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース