補強のソフトバンクに死角は…期待できる楽天 スポニチ評論家パ展望

[ 2011年4月11日 07:18 ]

 ◇パ・リーグ◇

 張本 本命はソフトバンクで動かんだろう。内川、細川、カブレラを補強。マイナスは見当たらないんだから。

 槙原 去年は途中でペタジーニを獲ったりしましたが、その教訓を生かしてオフにあり余るほどの補強。高齢化はしているけど、野手は豊富ですよ。投手では右の先発が少ないところへ摂津を回したのが大きい。

 東尾 バランスのいいチームになったね。これだけ補強してもらったわけだから秋山監督は期待に応えなきゃいかんと思ってるでしょう。ただ、すんなりいくかなあ。

 牛島 そう差はないと思うんですけど、僕は西武の方が上と見ています。ルーキーの大石と牧田がいいし、それに2年目の菊池雄星。若い人の名前が出ているんですよね。

 東尾 大震災でシコースキーが一時帰国。10日に再来日したが、調整遅れは必至。でも、1軍合流が遅れても後ろに大石が収まっていい形になるんじゃないかな。大震災でいえば被災地の仙台を本拠地とする楽天にも頑張ってもらいたいね。

 中畑 東北出身者としては被災者を元気づける意味でも頑張ってほしいと思いますよ。戦力的に見ても優勝を狙えるチーム。先発は岩隈、田中、永井と3本柱がしっかりしていて、松井稼、岩村の元大リーガーコンビもいる。抑え候補の新外国人が良ければ期待していいんじゃないかな。

 東尾 私は西武の監督として1995年、阪神・淡路大震災の年のオリックスと戦っている。イチロー(現マリナーズ)もいたし、仰木マジックもあって強かった。やりづらかった。逆境の中で星野監督がうまくチームをまとめれば、面白い存在になる。

 有藤 楽天はリリーフがちょっと弱い気がするけどね。私は1位ソフトバンクで2位に日本ハムを推す。正捕手の鶴岡のケガは痛いが、3年目の大野がしっかりしてきたから大丈夫。先発はダルビッシュ、武田勝、ケッペル、ウルフが計算できる。あとは5番手のルーキー斎藤にベンチは何イニングで何失点までOKとするか。

 張本 2桁勝てるかどうかは別にして、斎藤はマウンドに立つことによってファンが喜ぶ選手だからね。プロ野球にとって貴重な財産。頑張ってもらいたいね。

 牛島 去年はシーズン3位から日本一に上り詰めたロッテだけど、今年は苦しい。荻野貴がショートに入るとはいえ西岡(現ツインズ)と小林宏(現阪神)の穴は大きすぎる。唐川と大嶺あたりがよほどビュンビュン投げないと…。

 有藤 開幕が延期された関係で今年は球宴後に70~75試合くらい残ることになる。勝負は8月、9月。夏場にナイターが開催できるかどうかにもよるが、投手にしても野手にしても体力勝負になる。最後までもつれる展開を期待している。 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース