尚成好救援!7回2死三塁抑えサヨナラ勝ち呼ぶ

[ 2011年4月11日 06:00 ]

ア・リーグ エンゼルス6―5ブルージェイズ

(4月9日 アナハイム)
 エンゼルス・高橋が同点の7回2死三塁のピンチで登板。最初の打者を敬遠した後、左打者スナイダーを速球で右飛に仕留め「当分はこういう使われ方と分かっていたし、悔いを残さないように力を込めた直球で勝負した」。

 自らの好救援がチームの延長14回、5時間3分の末のサヨナラ勝ちにつながり、笑顔を浮かべた。12日(日本時間13日)のインディアンス戦では、この日故障者リスト入りしたカズミアーに代わり先発する可能性も浮上。また、この日までに球団の同僚から集まった東日本大震災の被災者への義援金を、自身が参加する「パワー・ニッポン・プロジェクト」を通じて寄付することを明らかにした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース