そろって1軍…大石「不安ない」菊池「本当のスタート」

[ 2011年4月11日 06:00 ]

開幕1軍を決めた菊池(左)と大石は、並んでウオーミングアップ

 西武ドラフト1位・大石(早大)が、目標に掲げていた開幕1軍を果たした。

 当初は先発で起用される方針も、チーム事情から中継ぎとしてスタートするが「不安はないです。何とかなるかなと思います。どこでもいいので投げさせてもらえたら、チームの勝利に貢献できれば」と意気込みを口にした。

 また、昨年は左肩痛に苦しんだ2年目の菊池も初の開幕1軍入りを決め「本当の意味でプロのスタートラインに立った。いろんな意味で特別な1年にしないといけない」と語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース