区切りまであと6本 松井 9年目で最も遅い一発

[ 2011年4月11日 06:58 ]

ツインズ戦の4回、右越えに今季初となる本塁打を放つアスレチックス・松井
Photo By スポニチ

アスレチックス5―3ツインズ

(4月10日 ミネアポリス)
 アスレチックスの松井がミネアポリスでのツインズ戦で、0―0で迎えた四回に今季第1号となるソロ本塁打を右越えに放った。

 先発ベーカーの変化球を捉えた大きな一撃で、推定飛距離398ヤード(約121メートル)と発表された。松井の開幕から出場8試合目での初アーチは、4試合出ただけで故障者リスト入りした2007年を除けば、メジャー9年目で最も遅い。

 松井はこれで日米通算500本塁打にあと6本とした。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月11日のニュース