前回王者・萱「硬さあった」床でリズム乗れず着地失敗…3位スタート

[ 2021年4月17日 05:30 ]

体操全日本選手権第2日 ( 2021年4月16日    群馬・高崎アリーナ )

平行棒でで華麗な演技を見せる萱(撮影・光山 貴大) 
Photo By スポニチ

 連覇を狙う萱は6種目合計86・298点の3位スタートだった。

 1種目目の床運動ではスタートでリズムに乗れず14・100。「硬さがあって着地がスムーズにいかなかった」と反省した。昨年12月の全日本優勝から「日本という大きなものを引っ張っていかなければいけないって(気持ちが)芽生えた」という24歳は初の五輪切符を見据える。決勝に向けて「ミスを出さないよう」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月17日のニュース