姫野 NZハイランダーズ移籍後初トライ、ジャッカルも連発 今季本拠初白星導く

[ 2021年4月17日 05:30 ]

ブルース戦でトライを決めるハイランダーズの姫野(下)
Photo By ゲッティ=共同

 スーパーラグビー・アオテアロア(ニュージーランド国内大会)第8節は16日、ダニーディンで1試合が行われ、3試合連続で先発したハイランダーズのNo・8姫野和樹(26)が、ブルース戦で移籍後初トライ。チームを35―29の今季本拠地初勝利に導き、試合の最優秀選手にも選ばれ「勝つことが(プレーオフ決勝進出の)絶対条件だったので、勝ててホッとしている」と胸をなで下ろした。

 記念すべき場面は3―7で迎えた前半15分だ。ペナルティーでSHスミスが速攻を仕掛けると、「意思疎通ができていた」と即座に追走。ゴールライン目前でパスを受け、2人をはねのけて逆転トライを奪った。前半開始直後にはトライを防ぐ、そして終了間際には味方のトライにつながるジャッカルにも成功。約1年ぶりの実戦復帰から4試合目となり「自分の感覚も(好調時に)一歩一歩近づいている」と自信を深めた。

 FW第3列にはオールブラックスのフリゼルら実力者がひしめき「チーム内競争に勝たないといけない重圧がある。そういう中で毎日練習するのは刺激」と話す。トライを取ってもキャリー回数が少なく、後半10分での交代に「不完全燃焼」と姫野。飽くなき向上心が成長の原動力だ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月17日のニュース