新世紀世代が躍動 19歳・山下「自分のリズムで打てている」首位タイ発進

[ 2021年4月17日 05:30 ]

女子ゴルフツアーKKT杯バンテリン・レディース第1日 ( 2021年4月16日    熊本県 熊本空港CC=6501ヤード、パー72 )

1番、Vサインしながら笑顔でスタートする山下(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 「新世紀世代」の山下美夢有(みゆう、19=加賀電子)が6バーディー、1ボギーの5アンダーの67で回り、沖せいら(28=フリー)、古江彩佳(20=富士通)と並んで首位スタートを切った。昨年2勝を挙げた笹生優花に続く、世代2人目の初優勝を目指す。

 最終18番で7メートルのバーディーパットを打った直後、狙いより球が右に行ったと感じた山下はすぐに歩きだした。その予想は外れ、フックラインに乗ってカップに沈み「ラッキー」と笑顔。67で首位発進と国内ツアーでも「新世紀世代」が躍動した。

 「自分のリズムで打てていると感じるし、ちょっと気持ちに余裕がある感じでプレーできている」

 首位発進は今回が3度目。2週前のヤマハ・レディース葛城では初日から首位を走りながら、最終日の残り2ホールで逆転負けを喫した。悔しさは残るが「緊張感の中で勉強になったし、次につながる」と顔を上げた19歳。その言葉通り、精神面の余裕が好スコアにつながった。

 01年度生まれのプロテスト合格者は笹生優花、西郷真央との3人だけ。今週米ツアーを戦う笹生にLINEで「頑張って~」とメッセージを送った。「優花はいいライバルっていうか、応援しているので。私は日本で頑張っていかないと」。世代2人目の優勝を、今週こそつかみ取る。

 ◆山下 美夢有(やました・みゆう)2001年(平13)8月2日生まれ、大阪府寝屋川市出身の19歳。父の影響で5歳からゴルフを始め、大阪桐蔭高に進学。在学中に受験した19年プロテストは6位で合格。趣味はカラオケ。1メートル50、52キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月17日のニュース