松山先輩に負けない!沖が3年ぶり首位 課題のパター好調6バーディー

[ 2021年4月17日 05:30 ]

女子ゴルフツアーKKT杯バンテリン・レディース第1日 ( 2021年4月16日    熊本県 熊本空港CC=6501ヤード、パー72 )

8番、ティーショットを放つ沖(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 沖は各日順位で18年以来、約3年ぶりの首位。6バーディーのうち、4つが約3メートルを沈めたもので「去年、今年とパターに悩んでいて、試合前に(重量を)重くして良くなった」とうなずいた。

 東北福祉大出身の28歳。練習の合間に一緒にボウリングをし、ゴルフでも助言をもらった1学年先輩の松山英樹がマスターズを制した。同大の阿部靖彦監督(58)への祝福メッセージには「私も予選落ちばっかりしていられないので頑張ります」と添えた。刺激を胸に、初優勝を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月17日のニュース