「黄金世代」高橋彩華が通算10アンダーの単独首位で最終日へ バンテリンL第2日

[ 2021年4月17日 16:42 ]

女子ゴルフツアー KKT杯バンテリン・レディース第2日 ( 2021年4月17日    熊本県 熊本空港CC=6501ヤード、パー72 )

<KKT杯バンテリンレディス2日目>9番、第2打を放つ高橋(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 第2ラウンドが行われ、1打差4位から出た高橋彩華(22=東芝)が7バーディー、1ボギーの66と伸ばし、通算10アンダーの単独首位に立った。

 首位で最終日を迎えるのは2週前のヤマハ・レディース葛城に続いて今年2度目。悲願の初優勝に向けて「今年は何回も優勝争いして最終日伸ばしきれなくて負けてきた。明日こそ、全部出し切る気持ちで頑張りたい」と力を込めた。

 1打差の通算9アンダー2位には吉田優利(21=エプソン)と古江彩佳(20=富士通)の2000年度生まれ「ミレニアム世代」の2人。2打差の4位にはアマチュアで地元・熊本出身の竹田麗央(18=熊本国府高3年)と山下美夢有(19=加賀電子)が続いた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月17日のニュース