笹生「いい方向に終われて良かった」 首位と4打差の3位で最終日へ ロッテ選手権第3日

[ 2021年4月17日 13:05 ]

米女子ゴルフツアー ロッテ選手権第3日 ( 2021年4月16日    ハワイ州 カポレイGC=6563ヤード、パー72 )

笹生優花
Photo By スポニチ

 2打差の首位から出た笹生優花(19=ICTSI)は5バーディー、4ボギーの71で回り通算17アンダーの3位となった。首位のリディア・コ(23=ニュージーランド)と4打差で最終日を迎える。

 ――1日を振り返って
 「今日は風も昨日と全然違って、いろいろあったけど、いい方向に終われて良かった」

 ――前半は出入りが多く、ボギー叩いてもすぐに取り返した
 「パットが入ってくれたので良かったと思う」

 ――ピンを攻めてタフな状況が多かった
 「結構ショットはそんなに悪くなかったけど、結果的にいい方向に行ってなかっただけ。落ち込むようなショットは打っていなかった。いつも通り楽しんでゴルフをしていた」

 ――後半スイッチが入ってアイアンショットも縦の距離があってきた
 「10番もいいショットを打てた。11番は奥に打ってしまったけど、落ち着けたと思う」

 ――17番の2打目は完ぺきなショットだった
 「ショートかなと思った。届いて良かった」

 ――全体的なショットの感覚は?
 「凄くいいという訳ではないけど、悪くはない。まあまあかな」

 ――リディア・コとのラウンドは?
 「優しくて、いろいろ勉強になった。テンポが変わらないし、パットが上手だった」

 ――最終日に向けて一言
 「明日もLPGAの選手と回れるので、いろいろ勉強になる。ゴルフを楽しみたい」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月17日のニュース