3位のトゥクタミシェワ「ここは素晴らしい」日本に「愛」ささげる好演技

[ 2021年4月17日 22:03 ]

フィギュアスケート世界国別対抗戦最終日 ( 2021年4月17日    丸善インテックアリーナ大阪 )

<世界フィギュアスケート国別対抗戦最終日>女子フリー、演技をするトゥクタミシェワ(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子フリーが行われ、3月の世界選手権銀メダルのエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は146・23点で3位だった。最大の武器のトリプルアクセルに2度挑んで1本成功。背中に「愛」という漢字をつけた衣装で、和風ナンバーを熱演した。

 日本好きで知られており、「まさに、このプログラムは日本にささげるもの。日本で演技を見せることができて何よりもうれしかった。熱い声援にも感謝している。日本で演技する度にここは素晴らしいと実感している」と語った。

 今大会はロシアの主将としても活躍。初優勝を果たし「何よりもチームが成し遂げたことを誇りに思っている。世界選手権を終えたばかりで疲れが残っていたにも関わらず、力強い演技をみんなが見せてくれて1位になることができた。ありがとう」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月17日のニュース