坂本花織、紀平梨花が最終調整 午後4時50分から女子フリー

[ 2021年4月17日 13:12 ]

フィギュアスケート世界国別対抗戦最終日 ( 2021年4月17日    丸善インテックアリーナ大阪 )

<世界フィギュアスケート国別対抗戦最終日>フリーに向けて練習する坂本花織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 午後4時50分からの女子フリーに向けた公式練習が行われ、日本の坂本花織(シスメックス)、紀平梨花(トヨタ自動車)が最終調整した。SPでは自己ベストで3位だった坂本は、今大会でラストとなるフリー「マトリックス」を流して、3回転フリップ―3回転トーループの連続ジャンプなど、挑んだ6ジャンプを全て着氷。最後まで1人でリンクに残り、感触を確かめていた。

 腰痛を抱える紀平は、今回限り変更したフリー曲「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」の曲かけでジャンプの流れなど軽めの調整。25分ほどでリンクを降りた。

 9番滑走の紀平は午後6時8分、10番滑走の坂本は午後6時16分に滑る。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月17日のニュース