渋野、いきなり池ポチャも…「持ちこたえて何とか」予選突破に安ど

[ 2021年4月17日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー ロッテ選手権第2日 ( 2021年4月15日    ハワイ州 カポレイGC=6563ヤード、パー72 )

第2ラウンド、11番でバーディーを決めた渋野
Photo By 共同

 渋野は出だしの10番でいきなりティーショットを池に入れた。当たりは良かったが、左からの風に流された。3パットも喫してダブルボギー発進。「良いショットだと思ってボールの行方を見ていなかったら、池に入った」と苦笑いした。

 それでも続く11番で1つ取り返すと、パー5で3つバーディーを奪うなど71。「かなり悔しいスタートだった。その後、持ちこたえて何とか1アンダーで回れて良かった」と息をついた。

 初めてのハワイ。観光地ワイキキに宿泊しているが「食料やお土産を買うくらい。景色系を見に行けていない。ビーチでたそがれていない」と余裕はない。決勝ラウンドに向けて「今日は(初日より)パーオン率が低かった。しっかり練習して明日はもっといい数字で上がれるようにしたい」と気合を入れた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月17日のニュース