奈紗、終盤連続バーディーで滑り込み予選通過「ショットはだいぶ良くなった」

[ 2021年4月17日 05:30 ]

米女子ゴルフツアー ロッテ選手権第2日 ( 2021年4月15日    ハワイ州 カポレイGC=6563ヤード、パー72 )

第2ラウンド、9番でバーディーパットを決め、ガッツポーズする畑岡
Photo By 共同

 65位から出た畑岡はチャンスを生かせない展開が続いたが、終盤の8番と9番で6メートルのパットを沈めて連続バーディー。予選通過圏内に滑り込んだ。

 「チャンスは多かったのにパットを決められず苦しい状況だった。最後の2ホールで入って良かった」と安堵(あんど)の表情で話し「ショットはだいぶ良くなった。もっと調子が上がるように頑張る」と第3日を見据えた。

 ▼106位・上原彩子 風はそんなに気にならなかったが、パットが入らないとスコアにならない。初日も2日目もチャンスで全然入れられなかった。課題はパットもショットもアプローチも全部。

 ▼114位・河本結 コーチが来てくれたのに予選落ちは悔しいけれど、すぐに結果につながったら、そんなに楽なことはない。内容的にはそんなに悪くなかった。目標を見失わずにやっていきたい。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月17日のニュース