200メートル自由形 松元克央が日本記録!0秒33更新1位

[ 2020年11月1日 05:30 ]

競泳の松元克央
Photo By スポニチ

 競泳の国際リーグ(ISL)短水路(25メートルプール)で争うチーム対抗戦は31日、ブダペストで1次リーグ第5戦の最終日が行われ、200メートル自由形で松元克央(23=セントラルスポーツ)が2週前にマークした自身の日本記録を0秒33更新する1分41秒77で1位になった。

 昨夏の世界選手権銅メダルのダンカン・スコット(英国)とデッドヒートを繰り広げ、最後の25メートルで逆転。鈴木陽二コーチは「前半からいって、最後の勝負になったらラストスパートをかけるように言っていたが、その通りにやってくれた。良いレースをした」と称えた。2戦目となった北島康介GMの率いる東京フロッグキングスは4チーム中3位だった。=ブダペスト=

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月1日のニュース