駒大エース・田沢廉 アンカー対決制しV導く 大八木監督も称賛「令和の常勝軍団を作っていきたい」

[ 2020年11月1日 13:42 ]

全日本大学駅伝 ( 2020年11月1日    愛知・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮 )

駒大・田沢廉
Photo By スポニチ

 全日本大学駅伝は1日、愛知・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮の8区間106・8キロのコースで行われ、駒大が5時間11分8秒で6年ぶり13度目の優勝を果たした。

 加藤淳(4年)が1区(9・5キロ)を先頭集団の前方につけつつトップと6秒差の3位発進すると、その後は大きく乱れるこなくタスキリレー。

 最終的には3位でラスト8区(19・7キロ)のアンカー・田沢廉(2年)へ。9キロ地点でトップを走る青学大を捉え、東海大・名取とともに先頭を並走した。けん制し合うデッドヒートが続く中、最後は田沢が仕掛けてスパート。見事トップでフィニッシュして「やったー!」と叫びながらゴールテープを切り、6年ぶりの頂点に輝いた。

 大八木弘明監督は「このレースは選手たちがよく頑張ってタスキをつないでくれた」とコメント。また、アンカー対決を制した田沢について「うちのエースがエースらしい走りをしてくれた」と称え、「これから令和の常勝軍団を作っていきたい」と意気込んだ。

 田沢は「(コロナ禍でも)この大会を開いてくださって有り難く思います」と関係者へ感謝し、「優勝テープを切ることが自分と監督、チームの目標としてやってきたので達成できてよかった」と笑顔。「名取さんが引っ張てくれたおかげでラストスパートをかけることができた」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月1日のニュース