駒大 6年ぶり13度目の全日本大学駅伝V! アンカー田沢が東海大との激戦制しフィニッシュ

[ 2020年11月1日 13:15 ]

全日本大学駅伝 ( 2020年11月1日    愛知・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮 )

駒大・田沢廉
Photo By スポニチ

 全日本大学駅伝は1日、愛知・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮の8区間106・8キロのコースで行われ、駒大が5時間11分8秒で6年ぶり13度目の優勝を果たした。トップと23秒差で東海大が2位。3位で明大が続いた。

 今季はコロナ禍により出雲全日本大学選抜駅伝が中止。今大会が東京箱根間往復大学駅伝と合わせた「大学三大駅伝」の初戦となった。

  駒大は加藤淳(4年)が1区(9・5キロ)を先頭集団の前方につけつつトップと6秒差の3位発進。2区(11・1キロ)で花尾恭輔(1年)が9位に後退するも、3区(11・9キロ)の鈴木芽吹(1年)が8位、4区(11・8キロ)の伊東颯汰(4年)が7位まで追い上げた。

 さらに、酒井亮太(2年)が5区(12・4キロ)で快走し積極的な走りで3位に浮上。6区(12・8キロ)では山野力(2年)が1つ順位を落としたが大きく乱れることなくタスキをつなぎ、7区(17・6キロ)で小林歩(4年)の力走により3位に追い上げた。

 すると、ラスト8区(19・7キロ)でアンカー・田沢廉(2年)が激走。9キロ地点でトップを走る青学大を捉え、東海大・名取とともに先頭を並走した。けん制し合う混戦が続く中、最後は田沢が仕掛けてスパート。見事トップでフィニッシュして「やったー!」と叫びながらゴールテープを切り、6年ぶりの頂点に輝いた。

【上位成績】

1位 5時間11分8秒 駒大 

2位 5時間11分31秒 東海大

3位 5時間12分24秒 明大

4位 5時間12分42秒 青学大

5位 5時間13分4秒 早大

6位 5時間13分15秒 東洋大

7位 5時間14分40秒 帝京大

8位 5時間14分43秒 順大

※8位までが来年のシード権を獲得

9位 5時間15分16秒 国学院大

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年11月1日のニュース