大迫傑 ハーフマラソンで自己記録届かず1時間1分15秒

[ 2020年11月1日 05:30 ]

大迫傑
Photo By スポニチ

 東京五輪男子マラソン代表で日本記録保持者の大迫傑(29=ナイキ)が30日(日本時間31日)、米オレゴン州ユージンで行われたハーフマラソンに出場し、1時間1分15秒でゴール。自己ベスト(1時間1分13秒)の更新はならなかった。

 レースは新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、コース詳細や時刻は非公開で開催。大迫と一緒にレースに参加した東京五輪男子マラソン代表のゲーリン・ラップ(33=米国)は1時間0分22秒で先着した。大迫は今年12月に行われる日本選手権(大阪・長居)の1万メートル出場を目指している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月1日のニュース