アマチュアの慶大・今村が王手 テニス全日本選手権

[ 2020年11月1日 05:30 ]

フォアハンドを放つ今村
Photo By 共同

 テニス全日本選手権第4日は31日、東京・有明テニスの森公園で男女の準決勝が行われ、男子はアマチュアの今村昌倫(21=慶大)が第8シードの山崎純平(23=日清紡)に3―6、6―2、6―3で逆転勝ちした。

 中川直樹(23=橋本総業)は第2シードの今井慎太郎(27=イカイ)に7―5、6―4で勝利。

 女子は第1シードの日比野菜緒(25=ブラス)、秋田史帆(30=橋本総業)が決勝に駒を進めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月1日のニュース