石井美樹・村上めぐみが涙のV マイナビジャパンビーチバレーボールツアー

[ 2020年11月1日 18:26 ]

マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2020立川立飛大会最終日 ( 2020年11月1日    東京都立川市・タチヒビーチ )

 女子決勝が行われ、国内ランク1位の石井美樹(30=荒井商事/湘南ベルマーレ)村上めぐみ(35=オーイング)組が、鈴木千代(26=クロス・ヘッド株式会社)坂口由里香(26=大樹グループ)組を2―0(21―16、21―17)で下し、優勝した。

 強打とスペースを狙った攻撃で、第1セット中盤から徐々に相手ペアを引き離した石井・村上め組は、今季唯一の「マイナビジャパンツアー」で貫禄の成績を残した。優勝を決めると、感極まった石井は涙を流し「いろいろな方が応援して背中を押してくれてたから、試合に出られて、練習頑張れたりしていたんだなと思った」と余韻に浸った。

 来年5、6月(会場未定)には、日本が持つ開催国枠を懸けて東京五輪代表決定戦が行われる。五輪ランク上位6チームで実施され、優勝チームが代表に決定する・村上は「もちろん優勝を目指す。私たちはずっとこのペアだし、みんな倒しに来ると思う。代表決定戦までに積み上げて、よりよいチームにしていきたい」と決意を口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月1日のニュース