駒大 6年ぶり13度目Vへ「開催ありがたい。結果で恩返しをしたい」

[ 2020年11月1日 05:30 ]

全日本大学駅伝 ( 2020年11月1日    名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮=8区間106・8キロ )

青学大、東海大との「3強」を形成する駒大は、6年ぶり13度目の優勝を目指す。

 大八木弘明監督はコロナ禍の影響で全体練習ができなかった期間を振り返り、「開催されることをありがたく思う。結果で恩返しをしたい」と誓った。補欠登録のエース田沢廉(2年)の配置が切り札となるが、下級生の成長にも言及し「田沢の状態は当然良いので、あとは1年がどれだけ流れをつくってくれるか」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月1日のニュース