東海大 連覇の鍵はアンカー名取「30秒差ならひっくり返してくれる」

[ 2020年11月1日 05:30 ]

全日本大学駅伝 ( 2020年11月1日    名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮=8区間106・8キロ )

 連覇を狙う東海大の両角速監督は2年連続でアンカーを務める名取燎太(4年)をキーマンに挙げた。

 チーム全体で昨年の逆転優勝の立役者を最終8区に据えた強化を図り、「他のメンバーも名取につなごうという思いで、それぞれが役割を果たすという合言葉でやってきた」と強調。「(8区までに)勝ってくれば逃げ切ってくれるし、負けてきても30秒差ならひっくり返してくれる」と期待を寄せた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2020年11月1日のニュース