大相撲初場所の三賞決まる 殊勲賞は御嶽海、休場した力士の受賞は初

[ 2019年1月27日 13:25 ]

大相撲初場所千秋楽 ( 2019年1月27日    東京・両国国技館 )

御嶽海
Photo By スポニチ

 大相撲初場所の三賞選考委員会が27日、両国国技館で開かれ、各賞が決まった。御嶽海は途中休場し、再出場しての受賞。1947年秋場所の三賞制定後、休場した力士の受賞は初めてとなった。御嶽海は3横綱と、優勝争いを繰り広げる玉鷲と貴景勝にも勝ってる。

 【殊勲賞】

 御嶽海(4回目)。

 玉鷲か貴景勝のうち、優勝した力士。玉鷲なら初。貴景勝なら4回目

 【敢闘賞】玉鷲(初)。

 【技能賞】貴景勝(初)。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年1月27日のニュース