大坂なおみ「今は寝たい」 激闘から一夜明け、自分へのご褒美は「かつ丼」

[ 2019年1月27日 09:17 ]

優勝トロフィーを手にする大坂なおみ(AP)
Photo By AP

 全豪女子シングルスを制し、28日に発表される世界ランキングで日本選手初の世界ランク1位となることが確定した大坂なおみ(21=日清食品)が激闘から一夜明けた27日、優勝会見を開き、「この責任あるポジションにつけて本当にうれしい」と喜びを語った。

 前日26日にペトラ・クビトバ(28=チェコ)との2時間27分の激戦を制し、昨年の全米に続くグランドスラム2大会連続の優勝。大会後の世界ランキングで日本勢初の1位になることも確定した。

 前夜はツイッターのトレンドワードでも世界一に輝いた。そのことを伝えられると「そうなんですか?驚きました」と目を丸くしつつ、「まだ(自分の元には)祝福のメッセージはたくさん来ていません」と笑わせた。

 今やりたいことは?の問いには「何もしたくない。今は寝たいです」と苦笑い。自分へのご褒美は「長い間食べていないので、かつ丼を食べたい」と激闘からわずか4時間の睡眠で臨んだ優勝インタビューでもユーモアをまじえて答えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月27日のニュース