全日本女王・坂本SP首位、白樺学園が男子2種目制覇

[ 2019年1月27日 05:30 ]

全国高校スケート、アイスホッケー選手権第5日 ( 2019年1月26日    名古屋市ガイシプラザなど )

SPで首位に立った神戸野田・坂本
Photo By 共同

 フィギュアはショートプログラム(SP)による女子予選で昨年の全日本選手権女王、坂本花織(兵庫・神戸野田)が73・75点で首位に立った。

 スピードの2000メートルリレーと団体追い抜きで、男子は2種目とも白樺学園(北海道)が勝ち、女子はリレーを帯広三条(北海道)、団体追い抜きは山形中央が制した。学校対抗の男子は白樺学園が3年連続34度目、女子は山形中央が3年連続3度目の優勝。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月27日のニュース