ウッズ11差48位 パット不調「もっと伸ばせたのに」

[ 2019年1月27日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ファーマーインシュアランス・オープン第2日 ( 2019年1月25日    カリフォルニア州トーリーパインズGC北C=7258ヤード、南C=7698ヤード、いずれもパー72 )

ティーショットを放つウッズ(AP)
Photo By AP

 今大会7度の優勝を誇るウッズは第1ラウンドと同じ70と伸ばしきれず、通算4アンダーの48位。「いいパットを打っても入らなかった。もっと伸ばせたはずなのに」と悔しさをにじませた。

 前半の18番パー4で手痛いダブルボギー。それでも後半は盛り返した。3番で8メートルのロングパットを沈め、4番ではチップインバーディー。首位と11打差の決勝ラウンドへ「大きく差は開いたが、スペシャルなプレーをすれば追い上げるチャンスはある」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝)」特集記事

2019年1月27日のニュース